カンボジア 技能実習生 受け入れまでの流れ

1. ご説明・お申込み

まず、技能実習制度や外国人と働くこと等について詳しくご説明させて いただきます。

 

様々なご相談やご要望をお伺いし、不安要素を取り除き、 ご納得いただいた上で、お申し込みいただきます。

2. 面接・採用確定

お申し込みに際して、必要書類の作成・提出をおこなっていただきます。

 

同時に実習生の母国で面接候補者を選抜します。事前に履歴書をお渡しし、その後 現地へ面接に行きます。面接の質疑応答など ご納得の上、確定していただきます。

3. 入国準備・現地講習

実習生受け入れ契約を締結。

 

日本で在留資格認定証明書の申請交付後、 在外日本公館にて在留資格認定証明書を提示してビザ申請。     実習生は入国までの期間、 日本語や日本の文化など基礎知識の講習を約4ヶ月受けます。

4. 入国・入国後研修

ビザ発給完了後、日本入国。

 

入国後約1ヶ月間、研修施設にて泊まり込みで、日語後・生活習慣・文化など日本で 生活するための基礎知識を 日本人の熟練講師が教育します。

約6ヶ月

技能実習制度による

​カンボジア人の人材育成・人材雇用のご依頼は

YOTA MANPOWER SUPPLYへ